LoRaWAN / プライベートLoRa 通信モジュール [外部アンテナ型]

メーカー:
EASEL
メーカー型番:
ES920LR
品番:
231
旧品番:
TC-0231
販売開始:
2017年2月

カテゴリ:
LPWA(Sigfox, LoRa)    
シリーズ:
ES920LR    
LoRaWAN / プライベートLoRa 通信モジュール [外部アンテナ型]の写真1
写真1:

次世代のIoT技術として話題のLPWA「LoRa (LoRaWAN)」の通信モジュールです。数kmの省電力通信が可能です。技適(工事設計認証)取得済。

※この商品は基板上のu.flコネクタに外部アンテナを接続するタイプです。ワイヤーアンテナ型はこちらです。間違いにご注意ください。
※この商品は実装用の表面実装モジュール単品です。PCとの通信機能やアンテナは付属しません。まずは開発・評価キットをご購入ください。
※800個以上はマウンタ実装用のリール納品となります。1万個以上のお見積りも可能です。
※アンテナと接続用ケーブルは別売です。関連商品からご確認ください。

超長距離通信

LoRa変調対応のSEMTECH製SX1276を採用。条件のよい見通しのエリアでは、最大30Km以上の通信を可能とし、市街地エリアでも半径数Km程度のエリアをカバー。周波数と拡散率の組み合わせによりアプリケーションに応じた設定(伝送速度が可変)が可能。

様々なインターフェースに対応

UART・SPI・I2C・ADC・DAC・GPIOといったインターフェースを使用可能。MCUにはNXP社製MKL16Z128を採用。

コストパフォーマンスに優れた設計

ES920LRは、回路設計の最適化により周辺部品の削減及び汎用部品の採用を行い、部品コスト/調整コストの低減を図っています。リーズナブルな価格で提供可能なES920LRであれば、大規模な無線ネットワークであってもトータルシステムコストを低減できます。

プライベートネットワークLoRaとLoRaWANのプロトコル選択可能

ファームウェアの書き換えにて、プライベートネットワーク(独自プロトコル)とLoRaWAN(LoRaWAN認証試験取得準備中)のプロトコル選択が可能。

ES920LRシリーズ共通仕様

準拠法ARIB STD-T108
周波数920.6~928.0MHz
変調方式LoRa変調(スペクトラム拡散)
チャンネル数37ch(帯域幅125kHz以下時)
18ch(帯域幅250kHz時)
12ch(帯域幅500kHz時)
帯域幅62.5~500kHz
拡散率7~12
伝送速度146bps~22kbps
受信感度-118~-142dBm
MCU部ARM Cortex-M0+
メモリFlashROM:128KB、RAM:16KB
消費電力Tx時:43mA(13dBm設定時)
Rx時:20mA
Sleep時:1.7uA
インターフェースUART、SPI、I2C、ADC、GPIO
アンテナ外付け(u.flコネクタ)
電源電圧2.4~3.6V
動作温度範囲-40~+85℃
接続端子26QFN
基板搭載SMT実装タイプ
外形寸法24.0×17.0×2.3mm
工事設計認証取得済(認証番号:006-000412)


技術資料・データシート・ソフトウェア


check 注文可能

数量:
数量 単価 (税別)
1個 3,980円
50個 3,450円
100個 3,230円
500個 2,770円
1000個 1,848円

この製品をシェア